20代金末日に出会った、手軽すぎるスキンケア

ティーンエイジャーの頃はなぜ大人の女性があれこれと塗りたくるのかよく分かりませんでした。沢山あるボトルは合計同じに見えて心底異常だったものです。けど20代を過ぎてお肌はパッって急降下、お風呂から上がれば必死で厳しいビューティー液をすり込む…。気が付けば異常だった女房らと同じ風貌で鏡を睨みつけていました。あれもこれもといった買ったスキンケア装置はなかなか皮膚に合うものが無く、代金の良いクリームはもったいないからと切り開いて取り扱う片付け。このままではスキンケアだけで財貨も時間も食いつぶしてしまうと不安を抱えていた際出会ったのが皮膚断食のページでした。「何もしない」スキンケア。初めはそんなもの実現するはずがないという心底疑っていました。けどスキンケアに伴う負担に疲れ果てていた俺は、すがるような気持ちで皮膚断食を始めたのです。出来るだけメイクはしない、してものせる程度でメーキャップは石鹸で休暇にする…シャンプーは水で…。風貌を石鹸で洗うなんてという首をかしげましたが、本当は普通のシャンプー料金から風貌が乾きしないのです。ですからメイク水は取り除けるわね、メーキャップ落としも…。手入れに苦労がかからず楽なので、自然と皮膚断食を続けて気が付けばアフターケア装置は減っていました。必ず包み隠すことをやめた力なのか自然と自分の皮膚と向き合えるようになり、意気も前向きに。ある日「何やら今日詳しいし綺麗になったよね」という傍らに言われてはなはだ嬉しかった。スッキリしたメイク台を見て、あの際皮膚断食に踏み出してよかったと何度も思っています。日焼けしてしまった肌を白くする方法はあるのでしょうか?