シンプル・イズ・ベストの屋根

「省エネルギー」のために「ソーラーパネルシステム」の滑り出しが注目されていますが、それを可能にするには「屋根のコース」や「様式」に問題があります。
なぜなら、システムの滑り出しには、日が見せつける輝きを吸収する「ソーラーパネル」を取り付ける余剰が必要だからです。

特に、屋根のコースとして一番いいのは「南対象」ですが、日差しを有効活用するためには当然のことかもしれませんね。
もちろん、「東コース」や「西向き」も可能ですが、日差しが当たり辛い「北コース」だけは避けたほうがいいと思われます。

そうして、屋根の様式ですが、プラモデルお気に入りのおしゃれな屋根はソーラーパネルを設置するにはもってのほかのようです。
もちろん、三角パネルなどを組み合わせて設置する技法もありますが、一番理想的なのは「切妻屋根」だといわれています。

こういう分類の屋根は、書物を開いて伏せたような様式に特技があり、デザイン的には一本調子に感じます。
ただし、ソーラーパネルを設置するためには適度なスタンスも必要なので、切妻屋根は、至って「シンプル・イズ・ベスト」だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です